スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミューズ創業者・大里洋吉氏、『渡辺晋賞』受賞に男泣き 桑田&福山も祝福

2012/04/28

 サザンオールスターズや福山雅治らを擁する大手芸能事務所アミューズの創業者で代表取締役会長の大里洋吉氏が、エンターテインメント業界における新しい感性のプロデューサーを顕彰する『第7回渡辺晋賞』を受賞し2日、都内で行われた授賞式に出席。渡辺プロダクション出身の大里氏は、渡邊美佐名誉会長からトロフィーを贈呈され、男泣きしながら「晋さんから受けた衝撃を我々が返さないといけない。それをやることがこの賞への恩返し。恩に報いるためにも粉骨砕身いたす所存です」と喜びを語った。



 大衆文化のさらなる発展向上を目的として渡辺プロダクションの創業50周年を機に創設された『財団法人渡辺音楽文化フォーラム プロデューサー賞 渡辺晋賞』。

 大里氏は、エンターテインメントのあらゆる分野で活躍する歌手や俳優らを育て、魅力的なイベントをプロデュースした実績や、浅草を新たなエンタメ情報発信の拠点として昭和歌謡レビューを立ち上げて成功させたこと、最近ではワールドワイドに展開するライブの生中継や収録上映など、魅力的なコンテンツを利用した社会貢献にも積極的な姿勢が評され、今回の受賞となった。

 渡辺プロダクション時代に、キャンディーズなどのマネージメントを手掛けていた大里氏は「この賞のお話をいただいた時、渡辺プロの教え子で身内がこの賞をいただくわけにはいかないと言ったのですが、ありがたく受賞させていただきました」と目にハンカチを当てながら感謝。世界各国を飛び回っていた渡邊晋さんの計らいで、当時副社長だった美佐名誉会長とともに「日本で考えていた以上のスケール、内容の濃いショーや映画に連れて行って見せてくれたことが、僕の人生を大きく変えた」と振り返っていた。

 この日は、アミューズ設立当時に製作した映画『アイコ16歳』で主役デビューした女優・富田靖子が、同社の俳優陣を代表して花束ゲストとして登壇。また、お祝いVTRでは、サザンの桑田佳祐が「34年前に大里さんに拾っていただき、大里イズムはサザンデビュー以来、血肉になって影響力になってる。僕の親以上の存在。僕やサザンの恩人なので、今回の賞は自分の事のように嬉しい」と祝福し、福山も「プロデューサー能力とマネージャー気質はすごいなと思う。僕もいつか『渡辺晋賞』をもらえるように頑張ります」とコメントを寄せた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120302-00000314-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最新エンタメ情報はココ

話題の副業 輸入転売情報ならココ

カメラ情報ならココ

美容・健康・ダイエットならココ

ちょっとリッチな情報

とあるゲーマーの独り言

DJ poemの今日の出来事

コラムニストとポメラニアン

1人で寂しい夜にさようなら




ちょっとリッチな情報


とあるゲーマーの独り言


コラムニストとポメラニアン


1人で寂しい夜にさようなら



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。